安全と楽しさが交差するダイワの木のおもちゃ

ハイレベルな空間ケア: 木のおもちゃには、さまざまな形やサイズのビットが含まれています。 おもちゃに触れたり、集めたりすることで、子どもたちは空間ケア能力を育みます。 おもちゃのパーツを組み込んだり、積み木を積み上げたりすることで、子どもたちはアイテムの位置や関連性を把握し、空間に対するマインドフルネスを育みます。

手の進歩をさらに伸ばす:木のおもちゃは 0歳木のおもちゃ、 子供の手の上達を進めるのに有益です。 おもちゃの部品を扱い、集め、接続することで、お子様の指のスキルと筋力が鍛えられます。 おもちゃの一部を動かしたり回転させたりすることで、手首や手の関節の汎用性も向上します。

方向性と行動方針: 木のおもちゃは、紛れもない形と計画を考慮して配置されます。 小さなお子様は、おもちゃの要件を理解し、取り付け位置を把握することで、決断力を養います。 たとえば、おもちゃの開口部にセクションを押し込むための適切なガイドやコースを探している場合や、おもちゃのセットとパーツを集めるための適切な前提条件を整理している場合があります。

積み重ねと調整: 積み木やパズルなどの木のおもちゃには、バランスを保ちながら、積み上げたり集めたりするという要素があります。 子供たちは手の前進と視覚的な判断を使っておもちゃのパーツを均一に積み上げます。 これにより、お子様の集中力、空間認識力、手の調整力が養われます。
創意工夫を刺激する、自由に組み込んでつくることができる木のおもちゃ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *